ดำน้ำดูปะการัง体験・ツアーทั่วญี่ปุ่น

512Results
Last Modified
Rating4.9
1,027(Reviews)
Nationwide's popular area

シュノーケリングのよくある質問

  • Qシュノーケリング(シュノーケル)とは?
    Aシュノーケリングは、水中メガネとシュノーケル(口から呼吸出来る筒)を使い海中を覗くマリンアクティビティです。ライフジャケットを着用すれば簡単に浮くことが出来るので、泳ぎに自信がない人も楽しめます。フィン(足ひれ)を付ければ軽いバタ足でも楽に進みます。ダイビングより気軽に参加できることから、人気が高まっています。
  • Qシュノーケリングに必要な道具は?
    Aマスク・シュノーケル(スノーケル)・フィン(足ひれ)の3つです。シュノーケリングのマスクは水泳で使うゴーグルとは異なり、鼻までカバーします。マスクは一眼(真ん中でフレームが分かれていないもの)・二眼(分かれているもの)レンズの二種類。一眼タイプは視野が広く、写真写りがよいのが魅力。現在主流なのでデザインが多くあります。二眼タイプは左右に度付きのレンズを入れ、近視用・老眼用に変えられるのがメリット。シュノーケル(スノーケル)は海面に出し、呼吸をするための道具。フィン(足ひれ)は足に装着して推進力を生み、水中での行動範囲を広げてくれます。タイプはフルフット型とストラップ型の二種類。フルフット型はかかとまで覆い、ホールド力が高いのが特徴。船でポイントに行くボートシュノーケルにおすすめ。ストラップ型はベルトでかかとを固定し、ストラップで調整可能なため、成長期の子供におすすめです。
  • Qシュノーケリングはどこでできる?
    A沖縄本島の恩納村・青の洞窟は日本でも有数のシュノーケリング(シュノーケル)スポット。離島では石垣島・宮古島(八重干瀬:やびじなど)・西表島・瀬底島・水納島・慶良間諸島(渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島)が人気。関東では東京・伊豆大島・八丈島、東海では静岡・ヒリゾ浜、九州では奄美大島・屋久島・与論島・沖永良部島がおすすめのシュノーケリング(シュノーケル)スポットです。
  • Qシュノーケリングとダイビングの違いは?
    Aシュノーケリング(シュノーケル)とダイビングは道具・器材、呼吸方法、ライセンス有無・年齢制限に違いがあります。シュノーケリングではマスク・シュノーケル・フィン(足ひれ)3つを使用します。ダイビングでは、シュノーケリングの道具・器材に加えて空気タンク・レギュレーター(ホース状の呼吸源)・ゲージなど10点ほどが必要です。シュノーケリングは水面に筒を出し、呼吸するため、浅瀬で散策を楽しみます。一方、ダイビングは空気タンクで呼吸を行うため、より深く海に潜ることができます。シュノーケリング(シュノーケル)はライセンス不要、ショップによりますが年齢制限がなく体験できます。本格的にダイビングを楽しむにはCカードというライセンスが必要です。Cカードは10歳から取得可能です。
  • Qシュノーケリングは子供も参加できますか?
    A浮き輪を使うなどして子供でも参加可能なツアーがあります。子供用の器材についてはショップにより対応可能年齢が異なりますので、予約時に必ず確認しておきましょう。子供連れの場合、ボートでダイビングスポットへ向かう「ボートエントリープラン」がおすすめです。体力の消耗を押さえてシュノーケリングを楽しむことができます。
See Favorite list

Please wait a moment

Search by activity / experience
Loading